胸元にきび治し方ガイド〜胸元にきびの効果的なケア方法

記事一覧


胸元は、背中と比べるとあまりニキビはできにくい場所ですが、それでも体の中心ライン上には太い皮脂腺が通っているため、スキンケアの方法によっては胸元にもニキビができてしまう事は少なくありませんし、決して珍しいことではありません。しかし、皮膚が…

記事を読む


胸元と背中、どちらも胴体部分でニキビができやすい場所として知られています。顔にできるニキビなら多くの人が知っていますし、背中ニキビは意外と知られていない部位とはいえ、いつも衣類に覆われていて蒸れやすい場所ですし、皮脂分泌が活発なので毛穴が…

記事を読む


ニキビができるのは、顔や背中だけだと思っている人は少なくありません。しかし、皮脂腺が通っている場所なら、どこでもニキビができる可能性はありますし、胸元のように皮脂腺が太い場所では、汗をかいたりすることによって皮脂が毛穴に詰まり、ニキビがで…

記事を読む


きらりのおめぐ実 大人ニキビ対策ガイドジッテプラス(jitte+)にきび対策ガイドピュアルピエ 二の腕にきび対策ガイドファーストクラッシュにきび洗顔予防ガイドベルブランにきび跡対策ガイドメルラインにきび対策ガイドリプロスキンにきび痕改善ガイドルナメ…

記事を読む

胸元にきび跡の治し方

胸元は、背中と比べるとあまりニキビはできにくい場所ですが、それでも体の中心ライン上には太い皮脂腺が通っているため、スキンケアの方法によっては胸元にもニキビができてしまう事は少なくありませんし、決して珍しいことではありません。しかし、皮膚が薄い部分なので間違ったケアをするとニキビ跡として残ってしまいやすいので、できるだけニキビができないように予防ケアをすることは大切です。また、ニキビができてしまった場合でも、毛穴のつまりを解消しようとゴシゴシこすったりするのはNGで、正しいお手入れをすることで短期間のうちに胸元のニキビをスッキリ解消できます。

胸元にニキビができてしまったら、まず考えられるのは、肌が乾燥しているということです。背中と比べると胸元は太い皮脂腺が通っているとはいえ、皮脂分泌量はそれほど多くはありません。そのため、ニキビができやすい肌質の場合には、もしかしたら乾燥肌が引き起こしているニキビなのかもしれませんから、乾燥肌を改善するスキンケアを心がけてみると良いでしょう。例えば、ジュエルレインのような背中ニキビ用に開発されている保湿ジェルを使うと、胸元の肌も効率的に保湿することができます。ジュエルレインはニキビケア用のスキンケアジェルなので、塗るとアクネ菌を殺菌してくれる作用もあり、ニキビができにくい肌質へと改善できます。また、ジェルタイプで液ダレしないのも、体のニキビケアにジュエルレインが大好評の理由と言えるでしょう。

着ている服の素材を見直すことも大切です。肌の表面が蒸れるとニキビはできやすくなってしまうので、例えば下着や肌に直接触れる衣類の素材をしっかり確認し、できるだけ通気性が良いコットン素材のものを選びたいものです。化繊はどうしても通気性が悪くなってしまうため、汗や皮脂が肌表面に貯まりやすく、ニキビの原因となってしまいます。特に、汗をかく季節には、化繊素材の服ではなくコットン素材にするだけで、大きなニキビ予防効果やニキビ解消効果が期待できます。

胸元と背中ニキビの原因

胸元と背中、どちらも胴体部分でニキビができやすい場所として知られています。顔にできるニキビなら多くの人が知っていますし、背中ニキビは意外と知られていない部位とはいえ、いつも衣類に覆われていて蒸れやすい場所ですし、皮脂分泌が活発なので毛穴が詰まりやすいため、ニキビがどうしてもできやすくなってしまうのです。しかし、そうした特徴は、背中だけが持っているわけではなく、体の前面部分にある胸元にも共通しています。

胸元は、普段は衣類で覆われている部分なので、服の素材によっては汗が肌表面に貯まりやすく、とても蒸れやすくなってしまいます。それに、体の中心ラインに沿って太い皮脂腺が通っているため、どうしても皮脂分泌が活発になってしまう場所。どんどん皮脂が分泌されているのに、汗と体温によって肌表面は蒸れやすくなり、皮脂をエサとして増殖するアクネ菌の温床になりやすいのです。

こうした原因は、根本的に取り除くことが難しいため、背中や胸元のニキビを予防したり解消するためには、普段の生活でいろいろ心がけたいことがたくさんあります。まず、服を選ぶ際には、できるだけ通気性の良いコットン素材を選ぶようにして、化繊などは避けたほうが、ニキビ予防の効果が期待できます。重ね着をする場合には、肌に直接触れるものはコットン素材にして、化繊はできるだけ肌から離れている場所のアウターなどで利用するのもおすすめです。

また、肌の乾燥もニキビの原因となります。乾燥肌で悩んでいる人は、おそらく胸元や背中も乾燥していることが考えられるので、普段のスキンケアでは、胸元や背中も保湿ケアをしてあげたいものです。顔に使っている保湿用の化粧水を使うのも悪くありませんが、化粧水などは液体タイプになっているものが多く、背中や胸元につけるとダラダラと液ダレしてしまう事が少なくありません。できれば、ニキビケア用のジェル、例えばジュエルレインのようなスキンケア商品を活用したほうが、短期間でも大きな効果が期待できます。

胸元ニキビが痒い原因と対処方法

ニキビができるのは、顔や背中だけだと思っている人は少なくありません。しかし、皮脂腺が通っている場所なら、どこでもニキビができる可能性はありますし、胸元のように皮脂腺が太い場所では、汗をかいたりすることによって皮脂が毛穴に詰まり、ニキビができてしまう事があります。胸元にオデキのようなブツブツができたり、あせものようなブツブツができたりした場合には、もしかしたらそれはニキビかもしれませんから、引っ掻いたりつぶしたりせずに、正しいケアをして短期間で解消したいものです。

胸元のニキビは、背骨に沿った体の中心部分にできることが多いようです。太い皮脂腺が通っているのは体の中心に沿った部分なのでそこを中心にニキビができやすくなってしまうわけですが、胸元のニキビの特徴は、胸元は皮膚が薄い場所なので、ニキビができると赤く炎症を起こして痛くなったり、逆にかゆくてたまらなくなったりすることが多く、「気づかなかった」と言うケースが少ないこと。特に、痒い場合には、我慢できずにポリポリかいてしまったり、洋服でこすれてつぶしてしまう事も多いため、ニキビができる場所やケアの方法によっては、悪化して大きく炎症を起こしたり、ニキビ跡として残ってしまう可能性が高い場所なのです。

胸元のニキビは、背中にできるニキビとは異なり、普段のスキンケアでニキビ予防がしやすいという特徴もあります。何と言っても、体の前面なら自分自身で症状を確認しやすいですし、ニキビ用のスキンケアを使う場合でも、手が届きやすい場所なのでお手入れがしやすいというメリットがあります。背中ニキビが悪化しやすく、胸元のニキビがあまり悪化することが少ないのは、そうした部分も関係しているのかもしれませんね。ここで気を付けたいのは、胸元は乾燥しやすい場所なので、ニキビができているから皮脂分泌が過剰なのだろうとゴシゴシ体を洗ってしまうと、肌がさらに乾燥してしまう可能性があります。あまりゴシゴシせずに、保湿を心がけるようにしましょう。
Copyright © 胸元にきび治し方ガイド〜胸元にきびの効果的なケア方法 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます